スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピース&ビブリア古書堂の事件手帖

最近、活字を読む事にハマっておりまして、
マンガも大好きですけど、小説を読むのもなかなか楽しいのであります。

そんなわけで、最近読んだ小説のレビューを兼ねたご紹介などしてみようかと。


1つめの本

「ピース」(樋口有介 著) 詳細はこちら。

埼玉県北西部の田舎町。
元警察官のマスターと寡黙な青年が切り盛りするスナック「ラザロ」の周辺で、
ひと月に二度もバラバラ殺人事件が発生した。
被害者は歯科医とラザロの女性ピアニストだと判明するが、
捜査は難航し、三人目の犠牲者が。
県警ベテラン刑事は被害者の右手にある特徴を発見するが…。
というサスペンスもの。

この本はですね…。
正直に申し上げて、「書店のPOPや文庫本の帯に騙された!」って気持ちが一番ですw

俺が買った書店の広告は確か…
「この表紙をよく覚えておいてください。
 その真相がわかった時にあなたはゾッとするでしょう」とかなんとか。
表紙はみんなが笑顔でピースしているものなんですけど、それがどんな意味をもつのか…。
ぶっちゃけゾッとしませんでした。

そして、文庫本の帯は
「意外な犯人、ラストのどんでん返し。
 何の関係もなさそうな被害者たちのつながり、犯人の動機が分かった時、
 もう、参った!と言う感じです」
との事。
ぶっちゃけ意外な犯人ではなかったし、どんでん返しもすぐに終わってしまいました。

読み物としては楽しく読めたのですが、
本以外のものに騙された感満載でちょっとアレでした。



2つめの本

「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~」(三上延 著)
詳細はこちら。

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。
そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。
残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。
接客業を営む者として心配になる女性だった。
だが、古書の知識は並大低ではない。
人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、
いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、
まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。


と言った内容です。
ピースのような殺人事件を解決していくようなお話かと思って買いましたが、
そのようなサスペンスではなく、古本を売ってくる人たちの
ちょっとした謎を解き明かしてくお話です。

本が読めない体質の主人公と極度のヒトミシリである栞子さんが
話を経て距離が縮まっていくのはよかったです・・・が、
最後の最後で栞子さんが・・・で・・・してしまうのは非常に残念でした。
結局は仲直りをしますけども、栞子さんがそんなことするの!?って思うとちょっと・・・。

でも、ストーリー全体は非常に面白かったです。
話の中にいくつか実際の本が紹介されますけど、その本の内容も気になってしまいます。

続編が出ているようなので、続編も買ってみようかと思ってます。




ちなみに、ビブリア古書堂の事件手帖はライトノベルに属するみたいですが、
正直違いがよくわかりませんw
グーグル先生に聞いても小説とライトノベルには明確な違いはないとかって答えが大半のようですが・・・。

じゃあ何でライトノベルって言うんでしょうね?わかる人いたら教えてくださいw

スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ボク - 2012年04月30日 13:18:20

初めましてこんにちわ。
ラノベと小説の違いに関してですが、作品の読者層によって分けられていると聞いたことがあります。

ライトノベルの主人公というのは大半が10代です。
つまり10代が感情移入しやすく、また設定もあまり複雑でないものが多い。

たいして一般の小説類は、主人公が20代だったり30代だったりと「大人の世界」を中心に描かれており、設定も現実的です。



この考え方から言うと、ビブリアは小説の分類に入るはずなんですが……。
やっぱりそこらへんが曖昧ですね。

それでは失礼します。

Re: タイトルなし - トロ♪  - 2012年05月08日 00:25:18

>ボクさん

返信が遅くなりました…。
コメントいただきありがとうございます。

あれから私もぐーぐる先生に聞いたりしたのですが、
読者層の違いってのが一番最初に来ました。

他にも挿絵があるとか、表紙に絵があるのがラノベだとか
出版社によって分けられるとかいろいろありました。

でも表紙に絵と言ったら、
太宰治の人間失格をデスノートの作者に表紙絵を起用して売れまくったという話もありますし
絵はあんまり関係ないんじゃないかって気もしますけど…。

まぁ、結局は曖昧って事ですよねw

トラックバック

URL :

プロフィール

トロ♪ 

Author:トロ♪ 
いらっしゃいませ。
気がつけばMISOJIを迎えてしまったオッサンが徒然なるままに徒然っている(?)ブログです。

―――――――――――――――
音楽は聴くも歌うも好き。
カラオケでただひたすらに高得点を追い求める狩人
<好きなアーティスト>
・FLOW
・ONE OK ROCK
・ASIAN KUNG-FU GENERATION
・knotlamp
・ACIDMAN
・Hi-STANDARD
・L'Arc~en~Ciel
・ill.bell(Rainy Blue Bell)
・らっぷびと
・ボカロ

―――――――――――――――
下手くそのくせにゲームが大好き
(RPGやADV、アクションがメイン)
下手くそのくせに3Dアクションをやってみたりするけど、たいてい敵に囲まれてテンパるヘタレ。
MGSで敵に見つかるとテンパって敵陣に突っ込む程度にヘタレ。

30年の人生で最も面白いと思ったゲームはSteins;Gate…多分。
現在のシュタゲへのハマりようは異常。

<この数年の名作ゲーム>
・Steins;Gate
・ダンガンロンパシリーズ
・逆転裁判シリーズ
・テイルズオブヴェスペリア
・アンチャーテッドシリーズ
・メタルギアソリッドシリーズ
・みんなのテニス

―――――――――――――――
ラグナロクオンラインは気が向いた時にプレイ中です。

サーバーはRadgrid(元Fenrir)
同鯖の人は仲良くしてください!

―――――――――――――――
やぼう というか がんぼう
宮野真守のようなイケメンボイスになりたい!
―――――――――――――――

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター

なんとなく設置しました。

ブロとも申請フォーム
Flashカレンダー
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
トロ♪のTweet

トロ♪ < > Reload

リンク
偉大なるブロとも様
くろこさん

なでてあげると喜びます。

ただ、お腹をなでると・・・

ROサイトマスコット

ROキャラを自分のブログ内でとことこ歩かせることができます。

ROサイトマスコット
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。